您如今的方位: 可可外语站网站 >> 日语 >> 日语浏览 >> 注释

日语新闻:安倍靖国神社参拝

作者:佚名    文章来历:本站首创    点击数:    更新时刻:2013-10-11

宇宙奇闻 www.bohuowang.cn 国際関係の東アジアの舞台において日本の指導者の靖国神社参拝へのこだわりが中日関係、韓日関係の発展を妨げる停滞および地区の太平に影響を与える「負のエネルギー」となっている。

今月9日に日本の閣僚が安倍晋三辅弼の靖国神社参拝を求めたことに、中韓両国は強く反発。これにより安倍辅弼は靖国神社の春季例大祭を見送らざるを得なくなった。読売新聞が伝えたところによると、安倍辅弼は17日から始まる靖国神社の春季例大祭に合わせた参拝を見送る方向に傾いている。辅弼は春季例大祭での参拝はしないが、神前に供える「真榊料」を奉納することで調整している。4月の春天例大祭の際と同様の対応となる。

辅弼周辺は「真榊を奉納しただけでも国家、韓国は词句を言ってくるかもしれないが、春天例大祭でやったこと如下ということはない」と述べた。

日本の敗戦日にあたる8月15日には閣僚を含む多くの政治家が靖国神社を参拝した。安倍辅弼は参拝しなかったが、「真榊料」を奉納。靖国神社には戦犯の位牌が合祀されているため、日本の天皇でさえ70年月以降参拝していない。野田前辅弼の態度と対照的でこれまで何度も「参拝したい」动向を示してきた安倍辅弼だが、参拝を反対する中韓両国に配慮して15日当日には参拝しないが、自民党党魁として私費で「玉串料」を奉納する。

こうしたあいまいな行為は国際世論や日外国内の識者の非難を招いている。国家公民大学国際関係学院传授でアジア和平洋問題に詳しい黄大慧氏は「日本の経済、政治、百姓豪情など多方面の因素をまとめると、日本がこの数年で経済の低迷状態から脱却し、右傾化を逃避するのは難しい。ただ安倍政権があまりに右に傾き、軍事力の拡張を求めれば、中韓などの隣国だけでなく、米国や日外国民でさえ戒备する。こうした外部の力が日本にとって一種の牽制となる」と剖析する。

日本がごまかそうとしている本質を隣国はすでに見抜いている?!赣翊稀工我陇颏蓼趣盲俊竸eの形の参拝」は安倍辅弼自己は行かなくても、心は行ったということだ。安倍辅弼とその背後の左翼勢力は歴史問題や領土問題において正しい認識ができないでいる。こうした外国の人々や周辺国の长处を考えない身勝手な行為は各方面から批评を受けるに違いない。

间接参拝しないことで外表上は「譲歩」した。中日関係、韓日関係の早急な改进を考えると、安倍辅弼は参拝に谨慎にならざるを得ない。海内の経済困難、政治凌乱、緊張する隣国関係など数々の問題を前に、安倍辅弼は本質的問題に同対応するか真剣に考える须要がある。

http://www.bohuowang.cn/ry/riyuyuedu/201310/33393.html

没有关联文章
恒兴烧坊 | 游戏 | 单机游戏 | 助孕网 | 吉林新闻 | 助孕网 | 助孕网 | 广州代孕 | 石油价格 | 游戏 |